看護師に人気の訪問看護!訪問看護師の単発バイト求人を見つけるコツ

更新日:

訪問看護は看護師不足がとても深刻な問題で、全国的に求人数が多い特長があります。単発でもできる訪問看護の仕事ですが、どのようなメリットとデメリットがあるのか、早速詳しく見ていきたいと思います。

訪問看護師として働くメリット

近年高齢化社会が進むなか、医療機関だけが看護師を必要とする職場ではなくなりました。在宅医療が注目されるなか、患者さんの自宅に訪問する「訪問看護」がとても大切になっています。

訪問看護は地域にある訪問看護ステーションに在籍し、ケアマネージャーや利用者、主治医と連携をとり看護業務を行います。病院とは違う環境があり在宅生活をサポートするため看護師と患者さんは長い間の信頼関係を築くことができますし、大変やりがいを感じる職場であります。

訪問看護では一般的な看護業務以外にもリハビリなども行うため、幅広い仕事の経験ができる点もメリットになります。また訪問看護は利用者の予定がスケジュールとして組み立てられるため、比較的緊急性が少なく働きやすい点も魅力になります。子育て中やダブルワークとして行う人もいますので、自分の都合に合わせて働ける環境がありますね。

利用者と看護師はコミュニケーションがとても大切になりますので、病院のような慌ただしい環境よりもひとりひとりに対して丁寧な看護を提供したい方にオススメです。

訪問看護師のデメリット

訪問看護師のデメリットは、場所によって24時間対応する場合がありますので、順番で緊急対応として携帯電話を持ち待機しないといけない場合があります。当番制になっているのでこの場合は夜中でも連絡があればすぐに対応しないといけません。

訪問看護ステーションは病院のように規模が大きいわけではありませんので、新人看護師に対する教育体制が整っていないことが多く、求人でも経験のみなど即戦力になる人が優先される傾向があります。

看護師のスキルをアップさせたい場合には病院で働いた方が有利になるかもしれませんね。またコミュニケーションのスキルが少ない人にとっても、訪問看護は負担に感じることがあるかもしれません。

ケアマネージャーや主治医、そしてほかの同僚とも連携しないといけませんし、なによりも利用者の立場になり適切な看護を提供することが必要になります。ブランクがある看護師やダブルワークで行うにはとてもメリットある職場ですね。

まとめ

単発で人気の訪問入浴の仕事について 訪問介護は単発バイトで求人が多くみられますが、同様に人気があるのが訪問入浴の仕事。このお仕事は一年を通して短期間や単発で探しやすいため、手が空いた時間を使ってお小遣い稼ぎをしたい人にはぴったりですね。

訪問入浴はスケジュールが決まっているため、単発でOKの場合が多く1日単位で募集がされることも多いですよ。

単発バイトはほかにも採血バイトやイベントナースなどもありますが、安定した収入を得る為には長期間で働くか、もしくは正社員として採用してもらうことが一番安心ですね。

しかし子育て中やダブルワークなど、自分の都合に合わせて働きたい方にとって単発バイトはとても好都合になりますので、どんな職場を希望するか多数の求人情報のなかから探しましょう。

単発バイトで訪問介護の求人を探すなら看護師専門の求人サイトなどを活用するのもよいでしょう。働く期間や時間、勤務先などのこだわりの条件が多いほど求人数が多い会社が安心です。一般の求人サイトでは正社員の看護師の求人はあっても単発になると数が少なく、しかも仕事を選ぶのは難しい状況です。訪問看護を単発でやってみたい方は、早速人気の求人サイトをチェックしてみましょう。

単発バイトの看護師求人情報を掲載!オススメ看護師求人サイト!

ベネッセMCM

ベネッセMCMは医療、介護分野の人材紹介・派遣に特化している人気の求人サイトです。進研ゼミなどの教育事業でお馴染みのベネッセコーポレーションと同じベネッセグループが運営しています。アルバイト(単発も含む)を希望している看護師にも対応してくれます。アルバイト求人情報は満載です!

MCナースネット

MCナースネットはサービスが充実しており、転職に関する相談はもちろん、職場や転居に関する相談にも対応してくれます。なんと利用したことある看護師さんの95%以上が満足と回答しています。1日単位の仕事にも対応していますので、お気軽に相談してみてください!

-職場・担当別

Copyright© 看護師の単発バイト情報をお探しの方へ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.