健診の看護師単発バイトの仕事の特長と求人検索のコツ

更新日:

健診は健康促進のために多くの方が日頃から気にして受けていますが、色々な場所で行っているため看護師の単発バイトの求人がとても多い仕事のひとつです。

健診を受ける方の立場になり、丁寧で安心したサポートができるように心がけたいものですが、実際の看護師単発バイトは健診でどのような仕事を行っているのでしょうか。早速詳しく見ていきたいと思います。

健診での看護師の仕事内容

健診とは健康診断のことで、検診と誤解してしまうことがよくありますが、健診は自分の健康状態をチェックするもので、病気の早期発見、生活習慣病の予防などが目的となります。特別な病気を対象にしてチェックを受けるものが検診で、胃がん検診、大腸がん検診などがあります。

健診は自治体や職場で行うことがあり、職場健診・成人病検診・特定健診などが代表的ですよね。行う場所は一般的な病院やクリニックだけでなく、「健診センター」と呼ばれる特定の場所で健診のみを行うことも増えています。看護師の仕事としては、事前に行う問診・採血・検査の介助・身長体重測定・尿検査・心電図・婦人科の審査補助など。健診センターでは事前に予約した方が多く訪れる為、看護師も一日忙しく勤務することが多いですよね。

施設によっては電子カルテやパソコンでの事務作業をすることもありますし、内視鏡検査で医師のサポートをする作業などもプラスされる場合があります。

看護師の単発の仕事が多い健診

健診は特定の健診センターだけでなく、健診で企業や学校などを巡回することがあります。大きな企業では一度にまとめて社員の健診を行うため、健診センターから巡回車に乗り現地まで移動して看護師業務を行います。

単発で依頼する仕事が多いため看護師の単発求人でも多く見かけることがあり、日程を自分の都合に合わせられる点が最大の魅力となります。病院勤務とは異なり作業内容が限られていますので、家庭と両立して働く方などにも人気があります。

健診の単発バイトのメリットとデメリット

健診の看護師単発バイトでは主に「採血」の仕事をすることが多く、大きな施設では1日100人以上もの採血をしないといけない場合もあります。

メリットとしては日勤なので残業が少なく、しかも土日も休み。健康な方を相手にすることが多いので緊急性が少なく精神的なストレスがあまりない点も魅力です。

デメリットとしてはほかの単発バイトと比較すると時給が低めになる場合が多いことや、ルーティンとしてこなす作業が多いためやりがいをあまり感じられない場合もあるようです。また健診は色々な人が対象になりますので、病院で治療に来る患者さんとは異なりクレームをつける人もいますので、このような対応をするために接客業的なスキルを持つことも必要とされています。

採血が得意な方は即戦力として健診センターで働ける人、またはコミュニケーション力が高い人にはとても向いている単発バイトと言えるでしょう。しかしスキルアップや高給を目指す人には若干物足りなさを感じることもありますので、副業として行うか、子育て中で日勤が希望の方などにオススメかもしれませんね。

まとめ

健診の看護師単発バイトは、看護師の求人サイトに登録して見つける方法が一番オススメです。希望日程や勤務地で自分の条件に合った仕事を見つけるには、多数の求人を抱えているサイトがよいでしょう。単発とはいえ時給にこだわる方や健診センターの種類を選びたい人もいると思います。

求人サイトに登録をしておけば、いつでも手が空いた時に仕事ができるようにアレンジできますし、何よりも一般求人サイトを利用するよりも仕事の種類が多いので安心ですね。

単発バイトの看護師求人情報を掲載!オススメ看護師求人サイト!

ベネッセMCM

ベネッセMCMは医療、介護分野の人材紹介・派遣に特化している人気の求人サイトです。進研ゼミなどの教育事業でお馴染みのベネッセコーポレーションと同じベネッセグループが運営しています。アルバイト(単発も含む)を希望している看護師にも対応してくれます。アルバイト求人情報は満載です!

MCナースネット

MCナースネットはサービスが充実しており、転職に関する相談はもちろん、職場や転居に関する相談にも対応してくれます。なんと利用したことある看護師さんの95%以上が満足と回答しています。1日単位の仕事にも対応していますので、お気軽に相談してみてください!

-職場・担当別

Copyright© 看護師の単発バイト情報をお探しの方へ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.